So-net無料ブログ作成
検索選択

松平勝男 試験に役立つ左脳型速読術 英語単語速読法 [英語単語速読]

>>左脳型速読術で試験も資格も楽々突破はココ

2010y07m28d_221409734.jpg

左脳も右脳も使いこなせるなら使うのが一番ですが(-"-;) ウッ
日本人の半数以上が右脳型速読術の習得は極めて
難しいものと考えています。

なぜなら、日本人は右利きが多いということも
理由の1つとして挙げられます。



あなたも聞いたことがあるかも知れませんが、
右手を使うと左脳が鍛えられ、逆に左手を使うと
右脳が鍛えられます(^-^*)(。。*)ウンウン

つまり、主に右手を使うことが多い私達は、
左脳を使うことに慣れているため~(^^?))
右脳をメインに使おうとしても苦戦してしまうのです(>_<")



と説明するのは「試験に役立つ左脳型速読術」
マニュアルを作成された“松平勝男”さんです。




⇒左脳をフルに活用し速読術を身につけるのはココ





速読術を学習面やビジネスシーンで活用していくなら、
イメージ化などの余分な工程を省き、
効率よく速読していく必要がありますし、
あなたもそれを望んでいるはずです(^O^)

受験・試験・ビジネスシーンで扱われる文章には、
以下の特徴があります。



1.書き手と対話する必要がない = 説明調の文
2.読み手がゆっくりと楽しみたいとは思わない文
3.論理的な文

まさしく高校や大学入試の問題などはこの最たる例で、
論理的な説明調の文になってます(。。*)ウンウン



日本語、特に入試や資格試験などで出題される問題文の場合
非常に論理的な構造をしていることが多いのですが、

その理由は簡単で、非論理的な構造文では、
問題の解答が一つに絞り込めないからなのです(*-゛-)ウーン・・



誰がどのように読んでも同じ意味にしか取れないというのが、
論理的な文章で試験問題がいい例です。

そして、序論・本論・結論、という3つの構造に
分かれてるということが、最大の特徴でもあり、
速読に適してる理由でもあるのです(*^o^*)/




⇒速読に適してる左脳型速読術の詳細はココ





このサイトは松平勝男さんの【試験に役立つ左脳型速読術】 の口コミ 感想 レビュー 評価 内容 効果 方法 成功談などの情報を公開しています。





ジニアス記憶術 効果

単語 暗記 記憶術

文部科学省 新教育システム開発プログラム 池江俊博



nice!(0)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。